QRBOX 新型コロナ追跡サービス

ニューノーマル時代に持続的なリスク対策を

今すぐ資料請求

短期間で利用が開始できる、新型コロナ追跡サービス

コロナ防止と経済活動を両立するニューノーマルの現代、各自治体や企業による感染拡大防止策が必須のリスク対策になりつつあります。QRBOX新型コロナ追跡サービスは、QRコードの掲示・読取を活用して、感染経路を見える化し、感染の可能性を即座に通知する「新型コロナ追跡特化型」サービスです。各店舗・施設等へのQRコードの発行、利用状況の把握、発覚時の感染者検索、アラート通知等、必要な作業がすべて専用管理画面から簡単にできる、国内初のクラウド型提供「新型コロナ追跡特化型サービス」として誕生しました。即日で高精度なコロナ追跡システムの運用を実現します。

効率的な運用

店舗へのQRコード払出申請フォーム作成、QRコードの発行と通知、登録店舗の一覧作成、アラート通知等、様々なアクションをできる限り自動化。管理側の工数を徹底的に削減し、スピーディで効率的な運用を可能にします。

正確な運用

様々なアクションの自動化により、感染経路の特定やアラート通知等の際、手作業だと起こり得るヒューマンエラーをしっかり防止。シンプルで分かりやすい操作で、どなたでも安心して正確な運用が可能です。

活用の促進

新型コロナ追跡で重要な実際に活用されているかを確認できる、分析画面をご用意。登録店舗数やQRコードの読取状況等がマップで瞬時に判断できます。たとえば読取が進んでいない店舗への連絡も簡単に可能です。

リモートデモを依頼

新型コロナ追跡サービスのリモートデモを実施させていただきます。導入事例等もご紹介可能です。

新型コロナ追跡の仕組み

QRBOX新型コロナ追跡サービスは、メールアドレスのみの取得で、プライバシーに配慮したセキュアな運用が可能です。利用者を追跡したい単位で、各店舗、イベント会場等、あらゆる場所に来店登録用のQRコードを掲示できます。QRコードは店舗ごとに自動で払い出し、申請された店舗に自動通知します。各店舗を利用者が訪れた際、利用者がスマホでQRコードを読み取り、メールアドレスを登録すると、その店舗で感染者が出た場合、同日に同店舗にいた利用者に対して、アラートを一斉通知します。

新型コロナ追跡の仕組み

メールアドレスの入力は2回目以降は不要です。
※初回に入力頂いたメールアドレスを自動で入力フィールドへ表示し、変更の必要が無ければそのまま送信いただけます 各画面の文言、設問の中身(設問数、内容、必須項目、表示順)は変更可能です。 青い「新型コロナ追跡サービス」の画像部分と黒い「はじめる」ボタンの色、文字色も変更可能です。

自動作成

店舗に向けたQRコード申請フォームを作成後、店舗へ周知するだけで、申請受領後、各店舗のQRコードを自動作成・自動通知。各店舗は申請後、すぐに現場にQRコードを掲示できます。申請フォームは必要な情報にそって、自由に項目設定できます。

自動作成

簡単な管理

申請された店舗や施設等を自動で一覧化表示。さらに階層管理で多数の店舗もわかりやすく整理、管理できます。たとえば、第1階層は市区町村単位、第2階層は飲食店、イベント会場、商業施設等業態単位、第3回階層は個別の店舗といったように整理することで、簡単に整理できます。

簡単な管理

一斉通知

感染発覚時、QRコードの読取履歴をもとに感染者がいつどこにいたかを検索し、感染者と接触した人を即座に割り出します。該当者へは、事前登録した感染発生時用登録マスタを利用してアラートを配信。緊急性が要される感染発覚時も慌てることなく、正確かつスピーディに一斉通知ができます。

一斉通知

利用データ分析

データ分析ダッシュボードで、利用状況を常時表示。登録店舗数やQRコード読取数等が一目で分かります。さらに数値をマップ上でグラフィカルに表示することで、たとえばどの店舗で利用が多いか少ないか等、実際の利活用に欠かせない必要情報を素早く判断できるようにしました。

利用データ分析

オプション紹介

ご利用シーンに応じてオプションをご利用いただくことでマスタ登録、返答メールが不要となり自動化、高速化を実現します。

オプションA

QR発行申請をされた方に発行登録完了後、メールで登録完了(QRコード)案内を自動メール配信機能。
上記、図①の中の②の自動登録、③を自動返信

 

オプションB

利用登録者様が利用した場所に感染者判明時、案内メールが必ず届けれるように利用登録時の登録完了メール返信機能。
上記、図①の中の⑤を自動登録および自動返信


オプションC

感染の可能性がある方をメールアドレス・利用店舗(住所)・日付(時刻)で抽出し、自社のメールサーバ以外(QRBOX)で配信できる機能上記、図①の中の⑥を本サービスから発信。
上記、図①の中の⑥を本サービスから発信

「QRBOX forコロナ追跡サービス」は、株式会社ABシステムソリューションが提供しているアンケートプラットフォーム「QRBOX」にメール配信機能や自動登録機能などのオプションを組合せ、コロナ追跡サービスとして株式会社エー・ディー・イーが提供するサービスです。

デモ

専用管理画面で設定する、店舗向けのQRコード払出申請フォームと、利用者が来店時に読取る来店登録フォームのデモです。フォームの各項目は自由に設定可能です。

QRコード払出申請フォームのデモ

店舗・施設等からの申請を想定したデモ画面になります。各店舗は店名、住所、電話番号、メールアドレス等が簡単に登録できます。申請受領後は自動的にQRコードを作成、返信までします。

スマートフォンから、こちらのQRコードを読み取ってください。

来店登録フォームのデモ

利用者による来店登録を想定したデモ画面になります。来店日付はQRコード読取日が自動入力されます。利用者はメールアドレスの登録のみで、簡単に店舗に来店した履歴を残すことができます。

スマートフォンから、こちらのQRコードを読み取ってください。

ユースケース

各自治体・行政団体

万が一の感染発覚時、各自治体主導による感染拡大防止やエリアでの感染封じ込めが求められています。コロナ追跡に特化したQRBOX新型コロナ追跡サービスは、行政区域内で感染経路を迅速に把握、感染の可能性がある人へ通知し、自宅待機等の行動変容を促すことで拡大抑止が可能です。利用の周知のみで運用が開始できるため、維持管理の手間がほぼなく、万が一の際には正確な追跡と通知ができます。

各自治体・行政団体様

イベント会場、商業施設、病院等

特定の施設に一定の集客を必要とするイベント会場や商業施設、病院等の事業者は、他事業に比べクラスター感染発生の可能性が高い事業形態です。拡大抑止策の整備により、少しでも安心できる利用促進とともに、万が一の感染発覚時は、即時対応によって事業継続リスクを低減させる必要があります。QRBOX新型コロナ追跡サービスでは、たとえば施設の会場入り口や特定のブロックごとにQRコードを設置し、感染発覚時に同日の施設利用者へ通知することで即座に感染拡大を抑止します。

人を集客する事業者様

旅客事業

不特定多数の利用者が多く、感染者を運ぶ可能性が高い旅客事業は、拡大防止策をはかることで、より安心できる利用体制を整備するとともに、万が一の感染発覚時、その後の事業に与えるダメージを最小限にする必要があります。QRBOX新型コロナ追跡サービスでは、たとえばバスの車両にQRコードを貼付け、乗車時の読取を推奨することで、感染発覚時に同日のバス利用者からの感染拡大を抑止することが可能です。

各自治体・行政団体様

利用料金

初期費用

¥50,000


※最低利用期間12カ月

月額費用

¥35,000


オプションA、B、C 各5,000円

その他、メール送信ドメインの変更、保存期間の変更など個別見積にて対応いたします。

単月利用プラン


初期費用

¥50,000


2回目以降ご利用時は都度30,000円

利用料金

¥30,000


(オプションA、B、C含む)

オプションA、B、Cご利用時、送信されるメール1通につき0.15円が従量課金で発生します。
※参考:月1万通で1,500円

お問合せ

導入のご検討やご質問は、こちらよりお問い合わせ下さい。